ミルニックを飲みだしてからの変化【母乳増】

母乳育児の良いところをもう一度見直そう!

 

ご存知の方もいらっしゃいますが、
母乳育児の良いところを改めてまとめてみました。

 

  • 母乳は消化・吸収がよいところがgood。
  • 雑菌、ばい菌から感染を防ぐ。(免疫力)
  • 母と子のスキンシップの時間が増える。
  • 赤ちゃんの口腔周辺の発達、力がつく。
  • ママの出産後の身体の回復をサポート。

 

 

母乳って、やっぱり最高の栄養なんですよね。
赤ちゃんにおっぱいをあげる時間が

 

あぁ〜、赤ちゃんってかわいいなぁ・・・

 

わたしってお母さんなのねぇ。。。

 

っと、

 

何よりも母としての実感と喜びを得ることができます。妊娠中に憧れでした。

 

人前であげるのは少々わたしは抵抗があるので、

 

ほとんど自宅でですが・・・。(笑)

 

でも、赤ちゃんいよっては母乳が好きな味と嫌いな味がある子もいるんです。

 

「母乳」はもちろん、お母さんの食べたもので作られますから、たまりすぎのおっぱい
美味しくなかったり、食べた物によって味が変わると言われています。

 

私自身は一度も拒否をされたことがないですが、
グルメのベビーはお口に合わないと、嫌がったりするそうです。(笑)

 

例えば、香辛料がたくさん入った食事は母乳の味も変わると言いますし、
湧きたてのほやほやおっぱいは、やはり新鮮で、美味しいと言いますね。

 

 

 

哺乳瓶の消毒も気にしなくていいし、母乳をあげるのはやはり一番安全な栄養だと思います。

 

赤ちゃんを身近に感じ、母乳をあげられる。

 

おっぱいが一番赤ちゃんの健康面の変化や、体型、表情の変化に
気が付きやすいと言われているので、それも魅力。

 

そして、最初は上手に吸えない赤ちゃんでも、どんどん吸う力がついて半年もたてば、
さらに強力に吸引できたりします。

 

余談ですが、
マクドナルドのマックシェイクは、赤ちゃんが母乳を吸う力と同じ吸引力で、
飲めるようになっているそうですが、
正直私はあまり吸う力が強くないので、シェイクが苦手です。

 

飲めない・・・ってことは、赤ちゃんに負けているってことですね?(笑)

 

 

産後で動けない方でも、ベッドでそのまま抱いて授乳できますし、
泣きだした赤ちゃんにすぐにあげれるので、便利ですね?

 

これらが授乳で得られる最高のめぐみです。

 

母乳が出るようにサポートをするお茶【母なるおめぐみ】